[鄭明析牧師による主日の御言葉から] 実践で全てのことが解決される。

RS3987 | 2017/01/29|閲覧数 4447

[御言葉] 鄭明析牧師

[本 文] ヤコブの手紙2章17節

 『信仰も、それと同様に、行いを伴わなければ、それだけでは死んだものである。


今年は光をつかむように速く実践しなさいと言いましたが、光をつかむように実践するためには、平素「道」をよく作っておかなければなりません。


そうするためには、

一つ、実践する前はまず「祈ら」なければなりません。

そうしてこそ知恵で悟り、霊的に分別し、判断して、大胆に実践することができます。


二つ、実践するためには、実践すべきことを「考え」なければなりません。

自分が実践できることも「考え」で忘れてしまえば、時間があってもできません。

「考え」には限界があるから、必ず「記録」しておいて、忘れないように随時見て確認しながら、一つ一つ迅速に実践しなければなりません。


三つ、実践してからは、その仕事を全部やったと言って遊んで時間を過ごしたら、速くやった甲斐がなく、次の仕事をする時、時間に追われるようになります。

だから実践したなら、しばし充電して、すぐに「次のすべきこと」をして動かなければなりません。


四つ、実践する時は「聖三位」を呼んで、一緒にやらなければなりません。

一人でやったら、大変で、ちゃんとできないし、やってはいけないことも自分中心にやるようになります。

また、一人でやったら、理想的な考えが浮かばず、力も弱いから、必ず「聖三位」を呼んで一緒にやらなければなりません。


今日の御言葉「実践でのみ解決される!」

続けて行ないつつ、必ず「実践の挑戦」をして、平素いつも実践して、実践が溜まらないようにすることを願います。


2017年実践の年!

実践するみなさんみんなに「三位の実践の御力」が満ちて、<生活の中で自分のすべきこと>と<時間>を前にして、秒を争うように、光をつかむように、競走するように走って勝利して得ることを祝福します!

 

 

[말 씀] 정명석 목사
[본 문] 야고보서 2장 17절

 『행함이 없는 믿음은 그 자체가 죽은 것이라』


올해는 빛을 잡듯 빠르게 실천하라고 했는데
빛을 잡듯 실천하려면 평소에 ‘길’을 잘 만들어 놔야 합니다.

그러려면
첫째, 실천하기 전에는 먼저 ‘기도’해야 합니다.
그래야 지혜로 깨닫고, 영적으로 분별하고 판단하고,
담대하게 실천할 수 있습니다.

둘째, 실천하려면, 실천할 것들을 ‘생각’해야 합니다.
자기가 실천할 수 있는 것도 ‘생각’에서 잊어버리면
시간이 있어도 못 합니다.
‘생각’에는 한계가 있으니,
꼭꼭 ‘기록’해 놓고 잊지 않도록 수시로 보고,
확인하면서 하나하나 신속하게 실천해야 합니다.

셋째, 실천하고 나서는, 그 일을 다 했다고 놀면서 시간을 보내면
빨리한 보람이 없고, 다음 일을 할 때 시간에 쫓기게 됩니다.
고로 실천했으면, 잠시 충전만 하고
바로 ‘다음 할 일’을 하면서 움직여야 합니다.

넷째, 실천할 때는 ‘성삼위’를 부르면서 같이 해야 합니다.
혼자 하면 힘들고, 제대로 못 하고,
해서는 안 될 것도 자기중심으로 하게 됩니다.
또 혼자 하면 이상적인 생각이 떠오르지 않고, 힘도 약하니
꼭 ‘성삼위’를 부르면서 같이 해야 합니다.

오늘 말씀 ‘실천으로만 해결된다!’
연속해서 행하면서, 정녕코 ‘실천 도전’을 하고,
평소에 늘 실천하여, 실천이 밀리지 않게 하기 바랍니다.

2017년 실천의 해!
실천하는 여러분 모두에게 ‘삼위의 실천의 능력’이 충만하여
<생활 속에서 자기 할 일>과 <시간>을 두고
초를 다투듯, 빛을 잡듯, 경주하듯 뛰고 달려
승리하여 얻기를 축복합니다.


鄭明析牧師による主日の御言葉からⓒ
  • 고객센터
  • 사이트맵
  • 이용약관
  • cgm
copy
  • Yahoo
  • livedoor
  • Ameba