뉴스_보도자료

JMSキリスト教福音宣教会の信徒たち、「A氏弁護士法違反」告発···警察「再捜査」

「月刊女性時代」4月号のカバーストーリー、鄭明析(チョン·ミョンソク)牧師事件を深く報道し、関連内容を扱う

最近、キリスト教福音宣教会の信徒たちがA氏を弁護士法違反で告発し、明白な捜査を促した中、管轄警察署で再捜査が行なわれていることが分かった。

 

月刊女性時代は8日、4月号カバーストーリーでチョン·ミョンソク牧師事件を深層報道し、このような内容を伝えた。

 

女性時代によると、2022年11月15日、A氏はチョン·ミョンソク牧師から性的被害を受けたと主張する外国人女性2人を代理して、示談金の名目で計6億ウォンを受け取った。 彼は、弁護士でないにもかかわらず、第三者に金品を供与させることを約束し、法律事件に関して和解行為を斡旋した。 これに対し、2023年12月初め、宣教会の複数の信徒がA氏を弁護士法第109条違反の疑いで告発したという。

 

この過程で被害を主張する女性が2人だというが、合意書は1枚であることが明らかになり、巨額の金がどこに消えたのか疑惑がふくらんだ。

 

A氏を告発した信徒たちは「外国人女性2人と推定されるだけで、彼らが誰なのかさえ確認されなかった」として「A氏は6億ウォン(3億ウォン+3億ウォン)に対する海外送金内訳を全く出しておらず、法務法人Cを通じて海外にいる彼らに送金したと主張する」と伝えた。 そして、明白かつ公正な捜査を求めた。

 

女性時代はカバーストーリーでメディアが真実を無視しているとし、ネットフリックス「私は神だ」放映以後、社会的に反響を起こしたチョン·ミョンソク牧師事件を再照明した。

 

A氏に関する詳しい内容は女性時代4月号に出ている。



記事原文 : [ニュースダイム] https://www.newsdigm.com/33099


조회수
2,656
좋아요
0
댓글
0
날짜
2024/04/10