말씀_설교말씀

備えて行ないつつ次元を上げなさい

본문 .

 

[御言葉] 鄭明析牧師

[本 文] 列王記上5章18節 

         『こうしてソロモンの建築者と、ヒラムの建築者およびゲバルびとは石を切り、

材木と石とを宮を建てるために備えた。



ハレルヤ! 永遠でいらっしゃる神様の愛と御子の平安を祈ります。


人々は「自分の次元のもの」だけを見て感じて生きるから「その次の次元のもの」は知らずに生きます。


飛行機も<次元、高度>を上げなければ飛んでいけません。人間も<次元>を上げなければなりません。そうするためには「自分の水準、自分の次元」から抜け出し、「神様の御言葉」を正しく学んで聞いて、知らなければなりません。


誰でも<教育>を受けなければ、<次元>を上げられません。<自分の次元>にだけいたら、その次元にだけ留まるようになり、その次元のものだけが見え、その次元の答えだけをもらうようになり、その次元を抜け出せず、享受することもできません。

だから人は学び、教育を受けなければなりません。


<次元>は「軍隊の階級」と同じで、「公務員の級」と同じで、「会社の職級」と同じです。


<自然の洞窟>も、国ごとに、形成されたとおりに「等級」があり、<文化財>も形のとおりに「各種の等級」があるように、人生も「次元と級」があります。みんな「A 級の人生、最高級の人生」になることを願います。


そうするためには「肉の考えと行ないの次元」を上げなければなりません。<肉の考えと行ないの次元>を上げることは誰でもできます。もう<一次元>上げれば、「現在の次元で願っているもの」をもらうようになり、<一次元>高いだけでも、ものすごい差がつきます。


<一次元>は「もう少しだけ」やれば上げることができるから、みんな「もう少しだけ」やって、<一次元>ずつ上げることを願います!次元を上げれば、昔のものから抜け出して変化し、喜び、希望が成就して、理想世界です。


木を育てる時も、木がぐんぐん伸びる時に肥料を与えてこそ木がもう一次元大きくなります。このように、人間も「次元を上げる時」があります。ぐんぐん大きくなる時に、次元を上げなければなりません。遅くやったら、次元を上げても、その分、使って楽しむ時間がないから、早く次元を上げることです。


車のスピードを出そうとする時も、<心>だけでは駄目で、実際に<アクセル>を踏んで、スピードを出さなければならないように、行ないつつ次元を上げることです。このように次元を上げる時は一つ一つ行ないつつ、備えつつ上げなければなりません。


<大きい車>を買いさえすればいいですか?「運営する能力」がなければならないように、<万事すべて>がそうです。今日の聖書の本文にも、聖殿を建築するために「石と材木」を備えたと書いてあります。<信仰の世界>もそうです。一つ一つ備えつつ「次元」を上げるのです。


皆さんみんなが勤しんで備えつつ、その都度「次元」を上げる生を生きることを祝福します。


조회수
14,889
좋아요
0
댓글
55
날짜
2015/12/07 11:48:22