말씀_설교말씀

自分の好み

본문 .

[御言葉] 鄭明析牧師

[本 文] マタイによる福音書25章14~15節
また天国は、ある人が旅に出るとき、その僕どもを呼んで、自分の財産を預けるようなものである。

 すなわち、それぞれの<能力>に応じて、ある者には五タラント、ある者には二タラント、ある者には一タラントを与えて、旅に出た。


<好み>は各自個性どおりに異なり、体質どおりに異なり、存在するとおりに異なります。

<好み>は「自分の体質、自分の考え」どおりになります。

<自分の好み>どおりに服を買い、食べ物を食べ、環境を作って生きるでしょう?

みんな「自分の体質どおりに、自分の考えどおりに、自分の脳の次元どおりに」<好み>が決まって、それを選択するのです。


神様は人間に「個性と好みどおりにする自由意志」をくださり、生きていくようにしてくださいました。


<好み>は「自分の体質」どおりになります。

<好み>も「自分の選択」で、<それに伴う責任>も「自分」が受けるのです。


しかし<自分の好み>どおりに生きてみたら、保障がありません。

<自分の好み>は不安定で、信じられません。

<考え>と<実体>とは違うからです。


人間の心はころころ変わります。

一日にも数十回、あるいは数百回も心がよく変わります。

だから自分も<自分>を信じることができないし、<自分の考え>も信じることができず、不安定です。


<神様と聖霊様と御子と一体になった好み>だけを信じることができるし、後悔しないし、肉体の一生の間好みの満足で、霊永遠まで好みの満足です。

また、時間が経てば経つほど理想世界を成し、次元を上げれば上げるほどもっとよい好みを選ぶようになり、それによって満足するようになります。


<好み>は「自分の考えの次元」どおりに決まります。

そのままにしておいたら不安で、信じることができないから「主」に委ねなさいということです。


神様の御言葉に従ってもっと熱心になり、勤しんで行なえば、<考えの次元>も高くなり、それによって<好み>ももっと次元を上げて、変わります。


<神様の御言葉と好みで作ること>はそれだけ労苦と努力ともがきが必要ですが、遅くなる前に、速く「神様の好み」どおりに自分を限りなく作ることを願います。

조회수
9,272
좋아요
0
댓글
19
날짜
2016/11/14 13:35:07