말씀_설교말씀

罪を許してあげたことが天国に行くようにしてあげたことだ。神様は<心と行ない>をご覧になる。<霊>をご覧になる。

본문 .


[御言葉] 鄭明析牧師

[本 文] マタイによる福音書7章21節

21)わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。



<肉体>は「花」と同じで、花がいくら美しくても、<一時(いっとき)>が過ぎれば必ず散ります。


これと同じく、<肉体>がいくら「美人」でも、<一時>が過ぎれば、一人残らず「花」のように散ります。


しかし<心の美人、考えの美人>は違います。

顔も体もいまいちでも、<主の中で美しい心と考え>を持って、いつも三位と対話し、祈って、熱心に行なうほど<心と考え>、<行ない>も輝き、その<霊>が限りなく美しくなります。


神様は<肉体>を中心になさいません。

<心と考え>がどれだけ素敵で美しいのか、その<行ない>がどれほど完全なのかをご覧になり、<心と考えと行ないにしたがって変化する魂と霊>をご覧になります。



みんな<肉体>が完全に老いる前に<心と考えと行ない>をもっと素敵に美しく作ることを祝福します。

조회수
15,335
좋아요
3
댓글
13
날짜
2018/01/31 17:48:28