말씀_설교말씀

才能通りに仕事を任せた人が使命者だ。使命者がやりなさい

본문 コリント人への第一の手紙12章18-28節

コリント人への第一の手紙12章18-28節

18)そこで神は御旨のままに、肢体をそれぞれ、からだに備えられたのである。
19)もし、すべてのものが一つの肢体なら、どこにからだがあるのか。
20)ところが実際、肢体は多くあるが、からだは一つなのである。
21)目は手にむかって、「おまえはいらない」とは言えず、また頭は足にむかって、「おまえはいらない」とも言えない。
22)そうではなく、むしろ、からだのうちで他よりも弱く見える肢体が、かえって必要なのであり、
23)からだのうちで、他よりも見劣りがすると思えるところに、ものを着せていっそう見よくする。麗しくない部分はいっそう麗しくするが、
24)麗しい部分はそうする必要がない。神は劣っている部分をいっそう見よくして、からだに調和をお与えになったのである。
25)それは、からだの中に分裂がなく、それぞれの肢体が互にいたわり合うためなのである。
26)もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ。
27)あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。
28)そして、神は教会の中で、人々を立てて、第一に使徒、第二に預言者、第三に教師とし、次に力あるわざを行う者、次にいやしの賜物を持つ者、また補助者、管理者、種々の異言を語る者をおかれた。


그리스도는 머리요, 우리는 몸입니다.
하나님은 각 지체대로 일을 맡기시니 그 지체별로 일을 해야 합니다.
교회에서도 가정에서도 각 지체대로 일을 해야 모든 것이 제대로 돌아갑니다.


하나님은 지체별로 일을 맡기십니다.
그런데 사명 받은 사람이 자기가 사명을 받았기 때문에 전체 지체의 일까지 관여하려는 경우가 있습니다.
맡은 자가 맡은 일을 하도록 해야 하는데 자기가 다 하려고 하면 힘이 듭니다.
반드시 지체별로 본인이 할 것은 본인이 하고, 본인 외에 다른 사람이 할 것은 각 지체별로 맡겨 일을 할 수 있게 해야 합니다.


고로 머리를 중심한 지체임을 잊으면 안 됩니다.
아무리 작은 지체라도 그 지체가 없으면 그로 인해 고통을 받게 되니
모든 지체가 귀하다는 것을 알고 대해야 합니다.


우리는 모두 하나님의 지체요, 그리스도의 지체들입니다.
전지전능하신 하나님의 지체가 되려면 그만큼 유능해야 하니
모두 말씀으로 모순과 잘못된 것을 고치고, 하나님과 주와 일체 되어 각 지체에 해당하는 일을 유능하게 해나가길 축복합니다.


조회수
2,782
좋아요
1
댓글
0
날짜
2019/10/02 6:26:15