말씀_설교말씀

やる時にやりなさい

본문 マタイによる福音書書25章1-13節

マタイによる福音書書25章1-13節

01)そこで天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出て行くのに似ている。
02)その中の五人は思慮が浅く、五人は思慮深い者であった。
03)思慮の浅い者たちは、あかりは持っていたが、油を用意していなかった。
04)しかし、思慮深い者たちは、自分たちのあかりと一緒に、入れものの中に油を用意していた。
05)花婿の来るのがおくれたので、彼らはみな居眠りをして、寝てしまった。
06)夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と叫ぶ声がした。
07)そのとき、おとめたちはみな起きて、それぞれあかりを整えた。
08)ところが、思慮の浅い女たちが、思慮深い女たちに言った、『あなたがたの油をわたしたちにわけてください。わたしたちのあかりが消えかかっていますから』。
09)すると、思慮深い女たちは答えて言った、『わたしたちとあなたがたとに足りるだけは、多分ないでしょう。店に行って、あなたがたの分をお買いになる方がよいでしょう』。
10)彼らが買いに出ているうちに、花婿が着いた。そこで、用意のできていた女たちは、花婿と一緒に婚宴のへやにはいり、そして戸がしめられた。
11)そのあとで、ほかのおとめたちもきて、『ご主人様、ご主人様、どうぞ、あけてください』と言った。
12)しかし彼は答えて、『はっきり言うが、わたしはあなたがたを知らない』と言った。
13)だから、目をさましていなさい。その日その時が、あなたがたにはわからないからである。


할 때 하라!
이는 여러 가지 성공 비법 중 하나입니다.


할 때 하라. 그때가 기회입니다.
할 때, 하는 김에 하는 것입니다.
사람은 지난 다음에야 그때 할 걸 하며 후회합니다.
지난 다음에는 이미 때가 지났으니 할 때가 기회인 것입니다.


하나님이 시켜서 할 때는 여건을 주십니다.
어렵고, 여건이 실 가닥만큼 있어도 그때 해야 합니다.
그렇게 할 때는 마음과 뜻과 목숨 다해 하는 것입니다.


하나님이 할 때 하는 사람은
예비한 자요, 슬기로운 자요, 기회를 잡은 자가 되니 모두 할 때 꼭 하기 바랍니다.


할 때 안 하면 모릅니다. 해놨을 때는 압니다.
그러니 할 때, 불붙었을 때, 힘 있을 때, 삼위가 함께 할 때 해야 합니다. 여러 복합적인 것이 있으니 모두 하기 바랍니다.
반드시 할 때가 있으니 모두 삼위를 사랑하고 일체 되어 할 때 하라는 감동이 일어나길 축복합니다.


조회수
3,013
좋아요
2
댓글
2
날짜
2020/06/25 3:42:32