말씀_설교말씀

神様と聖霊様と御子の頭に作ることが本当に大きいことだ

본문 エペソ人への手紙4章15~16節

[御言葉] 鄭明析牧師

[本   文] エペソ人への手紙4章15~16節

15)愛にあって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達するのである。
16)また、キリストを基として、全身はすべての節々の助けにより、しっかりと組み合わされ結び合わされ、それぞれの部分は分に応じて働き、からだを成長させ、愛のうちに育てられていくのである。



<頭>、つまり<脳>は「機械」と同じです。
コンピューターやさまざまな機械も「ヘッド」がちゃんと作られてこそ、与えるものをそのままもらって入力し作動します。
このように人間もそうです。

神様が同じく話されても、<自分の脳の機械>を作ったか、作っていないかによって受け入れ方が違います。

<三位の御心>に従って「脳の機械」を作ってこそ、<神様が御言葉をくださる次元>どおりにもらって伝え、行なうようになります。

<自分の頭、思考、考え>に「自分中心」をなくして、ただ「神様の構想どおりに作ってこそ」、その都度<三位の考え>をそのまま受けて行うことができます。

人の<脳、頭>は「考え」るだけでは作られません。
「一つ一つ自分が行なうこと」で作られます。

ちょうど機械を作っておけば、その機械で生産すべきものを続けて作り出すように、一つ一つ行なうことで<頭>を作っておけば、仕事をして、さまざまなものを生産するようになります。

みんな<神様の御言葉>を聞いて自分の責任を果たして、時代に従って<自分の脳、頭>を「再創造」することを祝福します。





조회수
14,470
좋아요
18
댓글
14
날짜
2018/02/20 0:36:03