말씀_설교말씀

神様と聖霊様と主を愛することが楽しみだ

본문 イザヤ書11章2節-3節、イザヤ書33章6節、イザヤ書40章31節

イザヤ書11章2節から3節 

2)その上に主の霊がとどまる。これは知恵と悟りの霊、深慮と才能の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。
3)彼は主を恐れることを楽しみとし、その目の見るところによって、さばきをなさず、その耳の聞くところによって、定めをなさず、


イザヤ書33章6節

6)また主は救と知恵と知識を豊かにして、あなたの代を堅く立てられる。主を恐れることはその宝である。


イザヤ書40章31節

31)しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。

 
人は自分の好きなことを楽しみにして生きていきます。
ある人は金を稼ぐことを楽しみにし、ある人は政治をすることを楽しみにし、またある人は芸術をすることを楽しみにするなど、様々なことを楽しみにして生きています。

しかし、メシアは神様を敬い、"愛"し、仕えることを楽しみにすると聖書の本文に出てきます。

それでは神様を"愛"するということはどういうことでしょうか?

神様の心を分かってさしあげ、願われることをして差し上げ、その働きをして差し上げることです。
辛く苦しくても変わることなく、地球が休まず自転と公転をするように、中断することなく神様を愛することです。

神様も私たちを愛し、助けることを楽しみにして行なわれるから、
人生の様々な楽しみがありますが、皆が神様を愛することに核を置いて行なうことを祝福します。



조회수
3,547
좋아요
6
댓글
1
날짜
2019/04/26 0:14:53