말씀_설교말씀

根の深い信仰と演出

본문 ヨハネによる福音書14章1-10節

ヨハネによる福音書14章1-10節

01)「あなたがたは、心を騒がせないがよい。神を信じ、またわたしを信じなさい。
02)わたしの父の家には、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしはそう言っておいたであろう。あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。
03)そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。
04)わたしがどこへ行くのか、その道はあなたがたにわかっている」。
05)トマスはイエスに言った、「主よ、どこへおいでになるのか、わたしたちにはわかりません。どうしてその道がわかるでしょう」。
06)イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
07)もしあなたがたがわたしを知っていたならば、わたしの父をも知ったであろう。しかし、今は父を知っており、またすでに父を見たのである」。
08)ピリポはイエスに言った、「主よ、わたしたちに父を示して下さい。そうして下されば、わたしたちは満足します」。
09)イエスは彼に言われた、「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。
10)わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか。わたしがあなたがたに話している言葉は、自分から話しているのではない。父がわたしのうちにおられて、みわざをなさっているのである。


흔히
‘나는 제대로 하는 것이 없어.’라고 말합니다.


그러나 사람은 저마다 타고난 크고 작은 재질이 다 있습니다.
또, 신앙도 저마다 다 특기가 있습니다.
자신의 재질과 특기는 자신이 찾아야 합니다. 그러려면 자신을 귀히 보아야 합니다.


그렇게 해서 자신의 재질을 개발해서 쓰는 사람이 있고 그냥 보편적으로 쓰는 사람이 있습니다.
이 특기들을 개발해서 쓰면 엄청나게 됩니다.
이 개발이 바로 연출하는 것입니다.
노력해서 만들고 다듬고 만들어서 연출하라는 것입니다.


예수님도
‘나는 심지 않은 데서 거두는 줄 아느냐?’ 말씀하셨습니다.
이는 심은 만큼 거두고 얻게 되고 개발하여 얻는다는 것을 말합니다.


노력해서 심고 개발하여 얻고 거둔다는 사실을 알고,
고생되더라도 자기를 더 좋게 만들려고 노력하고 개발하여 하나님이 주신 타고난 재능을 더 크게 만들기 바랍니다.
그러면 더 크고 귀하게 쓰여 결국 뿌리가 크고 깊은 대걸작 나무가 되듯 될 것입니다.


모두, 하늘로도 땅으로도 귀한 뿌리가 깊고 큰 나무 같은 인생이 되길 축복합니다.


조회수
6,641
좋아요
2
댓글
2
날짜
2020/05/27 0:55:37