글동네

Don't worryby 날개단약속


20180214김신애-돈워리.jpg






1708年フランスのピエール・モンモールは「出会い(マッチング)の問題」、つまり13枚のトランプを机に並べて「カード合わせ」をする時、「出会いが一度も起こらない確率」はいくらか?という問題を提起した。

(同じ数字のカードが同時に出れば「出会い」が起こったこと)


モンモールが問題を出してから30年が経った1740年頃、スイスの数学者オイラーが「出会いが一度も起こらない確率」は、約37%だということを突き止めた。
カードの枚数を増やしても、その結果は37%という驚くべき結果だ。


これを逆に考えれば、37%が否定的な結果になるということは、63%は肯定的な結果になると言える。
スタート地点が違うから、もう少しだけ努力したら、いい結果が出る確率が高いということだ。
 

だから前々から気を揉むことをやめよう。
よく、たくさん心配する人のことを指して〔心配を買ってする〕と言う。
このように、私たちはしなくてもいい心配を探し出してはしている。
また何か起こったとき、うまくいかないことを考えて、しきりに不安がる。
 

将来のことを知ることはできないが、それでもうまくいく確がもっと高いという事実を忘れずにいよう。

조회수
4,540
좋아요
8
댓글
18
날짜
2018/02/19