글동네

白いブラウスby 날개단약속

20180222김형영-블라우스.jpg




新年が明ける前日、教会では新年を迎えるために大掃除をした。
私ともう一人の執事はミーティングルームを整理した。
あちこちから出所の知れない物がたくさん出てきた。
特に服関係が多かった。
バザーや行事の時に使った服が絡み合っていた。


まずは持ち主を探すために広告を出し、連絡が来なければ処分することにした。
しかし数日経っても連絡はなかった。
そこで果敢に処分することにした。
その中でいくつかの服は状態が良かったので、他の所に寄付しようと意見を集めた。


そのように整理する中で、目に付く服があった。
白いブラウスだが、おかしなことに気にいった。
「礼拝の時に着たら、とてもいいだろうな。」
整理する間も、続けて気になった。
「私のスタイルでもないのに、なぜこんなに気が向くのかな?」
結局、別にして倉庫に入れておいた。


数日後、教会の明け方の賛美の導きをすることになった。
家にある白い服は状態がよくないので、どうしようかと悩んでいた時に、
あのブラウスが思い浮かんだ。
その服を着て、明け方の賛美をうまく終わらせた。
次の日の午後、私の携帯電話にメッセージが届いた。


執事さん、そのブラウス誰の物か知っていますか?
あ、これ、捨てようとしていた服の中から残しておいたのよ。
本当ですか? 実は私が気をもんで探していた服なんですけど、
執事さんが着ているのを見て連絡しました。
あ、そうだったの。私が急いで着たまま家に帰ってきちゃったんだけど、明日持っていくわね。
ありがとうございます。
でも、本当に不思議。他の服は捨てられたり、他の所に寄付したりしたから、
もう教会にはないのに、この服だけ変に気になって残しておいたのよ。
わ、すごい! 本当に不思議ですね。主よ、感謝します。


不思議な出来事だった。
あれほど多くの服の中で、なぜあの服だけが気になったのだろうか。
持ち主が切実に探していたから、それが条件になり、真心になって、めぐりめぐって
結局持ち主に戻ったようだった。
白いブラウスは結局、持ち主に出会った。
 


切実に探す人に、主は必ず働きかけられる。
もし失くしたものがあれば、それが物でも、心でも、人でも
切実な心で忘れずに探せば、今年は必ず見つけられるだろう。

조회수
3,180
좋아요
8
댓글
17
날짜
2018/02/22