뉴스_보도자료

[環境消防警察新聞] 世界約50カ国、20万人あまりのメンバー保有、キリスト教の道しるべ

 

 ▲  キリスト教福音宣教会 鄭明析総裁

 

記者は去る10月3日午前11時、忠清南道錦山郡珍山面石幕里65-21(月明洞)に位置するキリスト教福音宣教会を取材がてら訪問した。しかし、その本山に入るやいなや、30万坪あまりのとてつもない大地にある建物や整頓された施設を見て驚くしかなく、集まった多くの信徒たちがあちこちでこの宗教の関係者たちから教理を聞いている眼差しは真剣なものであった。

 

キリスト教福音宣教会 / www.cgm.or.kr

 

記者はちょうどここを訪問した前民主党および平和民主党のハン・ファガプ東西協力財団総裁をはじめ、国際法律中央会総本部ソ・ウォンスク総裁、前ソンギョル大学チェ・ヨンウク教授、タングク大学オ・キョハン教授、ドクナン文化遺産研究員チョン・ミョンホ院長、中国から訪問したイ・ヨンイン中国北京博物館館長等、社会の著名人たちと自然な形で同行しながら密着取材をした。記者はこのキリスト教福音宣教会のキム・ヨンドン長老からこの宗教が世に知られているものとは違うという新たな事実を知るようになった。

 


この宗教名は、キリスト教福音宣教会(CGM、Christianity Gospel Mission)で、歴史は短いが神様の真理と愛を実践する理念を基本に、主な構成メンバーは青年大学生等若い人たちで構成されており、設立者である鄭明析総裁の正しい聖書の教えのもと成長に成長を重ね、現在は全国全都市および地方に34個の支部、300個余りの教会、アメリカ・日本および台湾等のアジア、イギリス・ドイツ等のヨーロッパ、ブラジル等の南アメリカ、南アフリカ等のアフリカ等、50余りの国に約20万人のメンバーを持ったキリストの福音を伝える宣教会だ。

 

JMSは、Jesus Morning Starのイニシャルで、ヨハネの黙示録に出てくる明けの明星(Morning Star、黙示録22:16、「わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である」)とイエスキリストのJesusのJの合成語だ。世間に知れ渡っている鄭明析総裁のイニシャルというのは間違って伝わったものだ。

 

 

 ▲  鄭明析総裁が立てた記念碑

 

 

キリスト教福音宣教会の設立理念

 

イエスキリストの福音を伝えることに対する至上命令を基本に、21世紀最大のトピックである平和をこの地に実現しようという全世界と全世代への「愛すれば平和が来るだろう」という精神を伝え、先頭に立って実践している。
 


キリスト教福音宣教会の歴史

 

短い歴史にも関わらず、全国全主要都市および地方300余りの教会、世界約50カ国の20万人のメンバーを保有する団体になったということは、キリスト教福音宣教会が神様の歴史であり、現代キリスト教史の道しるべであることを証明している。


 

キリスト教福音宣教会の修錬院、月明洞

 

鄭明析総裁がキリスト教福音宣教会のメンバーたちと共に10年以上直接実践して作った自然聖殿に、国内外から年間数十万人が訪問し、世界的な名所となっている。夏には若者たちが心身を鍛錬し修錬する修練会が毎年行なわれており、四季の美しい絶景を背景に春には花の祝祭、秋には岩の祝祭を毎年執り行っている。

 

 ▲ 忠清南道錦山郡珍山面月明洞にあるキリスト教福音宣教会本館

 

 

▲ ジャンチュン体育館で開催された「天国聖霊運動集会」の様子

 

 

 ▲ ハン・ファガプ前民主党代表と来賓たちが御子の岩の前で記念撮影/キム・ヒョンドン長老がキリスト教福音宣教会を訪れたハン・ファガプ前民主党代表に主要施設を差しながら説明している。

 

 

 

 

조회수
22,877
좋아요
0
댓글
16
날짜
2013/10/15