뉴스_보도자료

時事ジャーナル MBC, 個人の問題を JMSの問題として論争

2019041801461881.jpg

▲  時事ジャーナルとMBCの報道



4月17日、時事ジャーナルとMBCは単独記事とし、個人の問題をキリスト教福音宣教会(JMS)と関連があるよう報道し、波紋が広がっている。

しかしニュースピムは"韓国テクノロジーが子会社大宇造船海洋建設に宗教団体の資金が流入したという噂に対し'事実無根'と強く否認した"と報道したことと相反する。

JMS関係者は"我々とは全く関係のないことなのに誤解を招く報道であきれる"とし、"一部の人事がよく知らず、理事登載をしたからといって教会全体を罵倒するのは理屈に合わない"と述べた。

続いてJMS関係者は"事態把握をもう少しして、法的対応を模索する"と明らかにした。

また、JMS関係者は"時事ジャーナルとインタビューしたキム・ギョンチョン牧師は、JMS側と内部取引をした情況が把握された情況があり、これは金を媒介にしたのではないかと疑われる"と述べた。 JMS関係者は"彼が本当にJMS反対運動をするのが本気なのか、それとも金を稼ぐための手段なのか疑問だ"と付け加え、キム・ギョンチョン牧師の言葉に疑惑が生じている。

軍隊で宗教を探すためにカトリック、プロテスタント、仏教の集会に参加した軍人が、事故を起こしたら3箇所の宗教がまとめて悪口を言われなければならないというように報道するマスコミの行動は、確かに問題があるようだ。

特に一部のメディアは、同事件と直接関連があるとは報じられてもいない鄭明析(チョン·ミョンソク)キリスト教福音宣教会総裁(牧師)の、過去の法的な部分まで取り上げ、陰謀のための報道ではないかと疑われている。

MBCより先に報道した時事ジャーナルは、JMSを取り上げた記事を2つも掲載したが、大宇造船海洋建設の記事と同時間帯に金銭問題など、その他の非行疑惑でJMSを脱退したキム・ギョンチョン牧師のインタビューを掲載し、暴露戦を繰り広げており、キリスト教でJMSを牽制するために企画された報道ではないか疑惑を買っている。既存の団体を出た人のインタビューまで同じ日に掲載されたもの。

ニュースピムの報道によると、会社関係者は17日'最近、ある宗教団体の資金が大宇造船海洋建設に流れていたデマは全く事実無根"とし、"当該宗教団体は韓国テクノロジーとはまったく関係がない"とした。

また"大宇造船海洋建設の買収および協力事業は円滑に進められている"とし、"会社に対する虚偽事実およびデマ流布者に対しては法的責任を問う"と付け加えた。

韓国テクノロジーは、50億ウォンの新規の運営資金を確保、建設事業を本格的に推進する。

会社関係者は"4月16日、50億ウォン規模の転換社債(CB)が最終納入され、建設事業を本格化する計画"とし、"今回調達した資金は、大宇造船海洋建設との協力事業など運営資金に使われるだろう"と伝えた。

さらに"50億ウォン規模の資金調達によって、子会社大宇造船海洋建設との相乗効果を通した事業の強化に拍車をかけることができるようになった"とし、"今回のムン・ジェイン大統領の中央アジア歴訪の経済使節団に参加し、ウズベキスタン、鉄道庁次官などと会って、鉄道駅舎の建設などを議論するなど、海外建設業への進出も期待している状況"とした。

個人の逸脱に関して全体を罵倒する報道行動は、"イシュー"のための"ニュース"であり、適切ではなさそうだ。



記事の原文 : [私たちのニュース] http://www.urinews.org/sub_read.html?uid=100067

조회수
1,777
좋아요
6
댓글
1
날짜
2019/04/18