뉴스_보도자료

キリスト教福音宣教会(CGM)「世界と国家の安全のために心を合わせて祈ろう」

鄭明析総裁「自ら気をつけなさい」、19日から「モバイル礼拝」」実施


(注:日本では新型コロナウイルスと呼ばれていますが、韓国ではコロナ19(COVID-19)と呼ばれているため、表記は原文どおり)


政府が2月22日、コロナ19から国民の安全のため、「宗教行事など、人が密集する行事を自制してほしい」と呼び掛ける中、キリスト教福音宣教会(総裁:チョン・ミョンソク)は、韓国でコロナ19確診者が初めて発生した1月末からすべての集まりと行事を中止してきており、去る19日からは「モバイル礼拝」を実施していることを明らかにした。

大邱(テグ)キリスト教福音宣教会教会は、去る2月19日、大邱(テグ)でコロナ19の感染が疑われる人が多数発生した時点から、全信徒がモバイル礼拝を捧げた。

チョン・ミョンソク総裁は、2月2日の主日礼拝の時点で「自ら気をつけなさい」という主題で説教をし、「コロナ19からの全世界の安全のために心を合わせて祈り、国家が用意した安全指針を遵守しながら、自ら格別に気をつけよう」と強調してきた。

チョン総裁は、2月22日の午後5時頃、「全国モバイル礼拝実施決定文」において、信徒たちに「教会で出席する礼拝を当分のあいだ中断する決定は、万一のコロナ感染に対する不安を遮断して国民の安全を守るためのもの」だと語った。

さらに、各自が家で「モバイル礼拝」を捧げつつ重ねて世界と国家の安全のために祈ることを勧め、各種の集まりの出席に用心するなど信徒たちの積極的な実践を呼び掛けた。


韓国のコロナ19確診者は、1月20日に最初の患者が発生してから約1か月過ぎた2月18日までだけでも31人であったが、2月20日に104人に増え、23日午前9時現在では確診者が556人に増加するなど急速に増加している。



記事原文 : [毎日宗教新聞] http://dailywrn.com/sub_read.html?uid=15153§ion=sc3§ion2=

조회수
581
좋아요
7
댓글
2
날짜
2020/02/23