뉴스_보도자료

第1回GLAU文化祭「松の香り詩画展」15~20日

122796_139757_1042.jpg




グローバル愛実践連合(GLAU)が主催した第1回GLAU文化祭「松の香り詩画展」が15日から20日までソウル仁寺洞ギャラリーラメルで開かれる。

今回の展示は新型コロナウイルス感染症で暗鬱で息苦しかった市民たちとヒーリングと希望を分かち合うために用意された。

これに先立ち、グローバル愛実践連合は戦争で困難に直面しているウクライナ国民を応援するため、駐韓ウクライナ大使館を通じて寄付金1千万ウォンを寄託し、ウクライナ救護活動に参加した経緯がある。

今回の松の香り詩画展では、主要な詩人のほか作家10人余りの詩と絵を鑑賞することができる。  

主要な詩人の「神様がマスクをして生きなさいとおっしゃる」という詩は、コロナ時代を通して万物の大切さと人生に対する省察のメッセージを含んでいるという評価だ。

また、キリスト教福音宣教会のチョン・ミョンソク(鄭明析)総会長の詩「運命」をはじめとする9編も展示される。チョン総会長が2000年代の海外宣教をしていた当時、老母の危急な便りを聞いて恋しさと悲しい気持ちを込めて書いた詩「涙」は観覧客に穏やかな感動を与える。  

展示観覧は無料で、午前10時30分から午後6時まで行なわれる。

チョン・ミョンソク(鄭明析)総会長は1995年月刊「文芸思潮」を通して、詩人として登壇しベストセラー詩集「霊感の詩」を発表した。

このほかベトナム戦争参戦記「戦争は残忍だった。愛と平和だ」、説教集「命の御言葉」多数、明け方の説教集「明け方の壇上」、箴言集「天の言葉 私の言葉1~19」、詩集「霊感の詩1~3」、「詩で語る」、「詩の女」、「出会い」、宣教会教理集「救いの御言葉」などの著書を出した。

2011年、世界的な絵画展「アルゼンチンアートフェア」で代表作家に選ばれ、優れた作品性が認められ、12回の個展を開いた。

一方、グローバル愛実践連合は全国の多様な分野のリーダーたちが社会を明るく元気にするために「愛実践」をモットーとする分かち合いの団体だ。




記事原文 : [ピンポイントニュース] http://www.pinpointnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=122796

 


조회수
1,992
좋아요
8
댓글
2
날짜
2022/06/14