뉴스_보도자료

台湾CGM教会「多国籍新興キリスト教教派の現地化探求」シンポジウム開催

台北国立政治大学の華人宗教研究センターとの協約による成果発表


国内新宗教の研究成果を広げ…新興宗教に対する誤った認識観、固定観念を乗り越えさせる


2022070140019649.jpg



台湾台北国立政治大学の華人宗教研究センター(CSCR)とNCCU宗教大学院(GIRS)は先月15日、宗教研究所と共同で多国籍新興キリスト教の現地性と多様な神学的表現と解釈に対する研究シンポジウムを開催した。


今回のシンポジウムは昨年6月、政治大学の華人宗教センターと公式協約を結び、協約期間内の学術研究協力を通じた最終成果を初めて発表した。


セミナーには、キリスト教福音宣教会(CGM)理事長のソ・ソファ(蘇瑞華)牧師と淡江大学歴史学科兼任助教授のチョン・ムチン(鄭睦群)、台東大学教師養成センター副教授のハイスアル・バララペ(海樹兒・拔剌拉菲)、政治大学のファイン主体性研究センターの博士後研究員のイェ・センチン(葉先秦)、台湾大学政治学科のチェ・ジチョル(蔡至哲)兼任助教授が、それぞれ5編の論文を発表し、政治大学宗教大学院院長のチャイ・ウェンリン(蔡源林)、華人宗教研究センターの執行委員長のリン・チョンウェン(林振源)、政治大学宗教大学院教授のリ・ウィチョン(李玉昌)、助教授のウ・シンパン(呉信芳)、中華知的財産権保護協会のチャン・カイナ(張海那)副会長が招待され、討論に共に参加した。


また、セミナーには宗教分野の権威ある教授を含む影響力のある論評家が招待された。NCCUのGIRS理事であるチャイ教授、CSCRのCEOであるリン教授、CSCRのリ教授とWu教授、中国知的財産権保護協会の副主席であるZhang博士が参加した。


午前中には、ソ・ソファ牧師がキリスト教福音宣教会(CGM)の伝播過程と多国籍性、流動性、多様性、中心性、柔軟性などの特色を集中的に焦点をあて、この過程で現れた中華人の主体性について発表し、淡江大学歴史学科のチョン・ムチン兼任助教授は、一部キリスト教教派が宣教市場を考慮して中国に多くのことを譲歩したり妥協している反面、キリスト教福音宣教会(CGM)と創立者の鄭明析(チョン・ミョンソク)総裁は、台湾に友好的であるだけでなく、台湾の主体性と民主化成果を非常に重視しており、台湾を世界宣教構図において非常に重要な軸としており、持続的に深く研究する価値があるという点に注目した。そしてCheng博士は台湾の主体性に対するCGM的認識と解釈比較を発表した。




2022070140446591.png


キリスト教福音宣教会(CGM)の伝播過程と多国籍性、流動性、多様性、中心性、柔軟性などの特色を集中的に焦点を当てる



午後の時間には、原住民布農族出身の学者であるハイスアル・バララペ副教授が布農族全体の歴史発展と伝統的な霊魂の概念と生死観について紹介し、キリスト教福音宣教会(CGM)の霊界観と布農族の霊界観、生死観を比較した。


政治大学華人主体性研究センターの博士後研究員のイェ・センチンは、全世界のキリスト教の中で韓国キリスト教を枠組みとしてキリスト教福音宣教会(CGM)の聖霊論と"聖霊運動"を理解し、再びペンテコステ(五旬節:聖靈降臨)運動とカリスマ運動(聖霊の賜物が強く現れることを期待する運動)と比較した。



最後にチェ・ジチョル助教授はキリスト教福音宣教会(CGM)の創立者である鄭明析(チョン・ミョンソク)の<「個性の王」神学とこの概念から派生した身体観および実践概念>は個人の価値を高めて生きるキリスト教思想を継承し、終末論を転換させ神学の美学、芸術、体育に昇華させたと分析した。また、摂理神学を分析し、新興宗教が教主崇拝と集団的心理で信徒一人一人の意志を統制するという批判論者の指摘を再検討する必要があると述べた。


参加者のチャイ・ウェンリンは「たとえ今回のセミナーが新型コロナウイルス感染症によって非対面に変わったが、80人近い人が参加申請をした」と話した。


国内の新宗教研究成果をさらに広めるようになった今回のセミナーで、マッシモ・イントロビン(MassimoIntrovigne)博士は、オープニング講演を通じて、新興宗教研究に対する西欧学界の学問的配慮を理解するのに助けとなり、新興宗教に対する誤った認識観と固定観念を超えさせた。


キリスト教福音宣教会(CGM)を代表して祝辞を述べたリャオ・インル牧師は、「キリスト教福音宣教会(CGM)は開かれた姿勢で各種学術研究を支持する」とし、リ・ウィチョンとリン・チョンウェンは、「今回のセミナーが初期段階で良い成果を収めた」とし、「学者たちは今後、政治大学が宗教関連研究を進めるにあたって、キリスト教福音宣教会(CGM)とより客観的で多様に宗教と分野を超越した学術協業を持続的に推進していくことを期待する」とセミナーの所感を伝えた。








記事原文 : [毎日宗教新聞] http://www.dailywrn.com/sub_read.html?uid=19822

조회수
1,268
좋아요
7
댓글
3
날짜
2022/07/01