뉴스_보도자료

JMS信徒ら、チョン·ミョンソク牧師の被害主張を代理したA氏の弁護士法違反で告発

- 月刊女性時代「JMSキリスト教福音宣教会チョン·ミョンソク牧師事件」単独報道
- チョン·ミョンソク牧師、信徒への性的暴行容疑事件の本質は?
- 合意書2枚が必要なのに1枚だけ公開?「疑惑」増幅


1.jpg

  月刊女性時代8日に発刊された4月号のカバーストーリー···鄭明析(チョン·ミョンソク)牧師事件を単独で深層報道した。


昨年、信徒への性的暴行の疑いで世間を騒がせたキリスト教福音宣教会(仮称JMS)のチョン·ミョンソク牧師事件と関連し、女性たちの立場を代理したA氏を弁護士法違反で告発したことが明らかになった。


月刊「女性時代」(以下メディア)は、8日発刊された4月号のカバーストーリーにこのような内容を盛り込んだチョン·ミョンソク牧師事件を単独で深層報道した。 この記事では最高裁の量刑基準を越えた23年刑の重刑宣告を受けたチョン·ミョンソク牧師1審裁判の核心争点と、裁判手続きに問題点はなかったかを扱っている。

メディアによると、2022年11月15日、A氏はチョン·ミョンソク牧師から性的被害を受けたと主張する外国人女性2人を代理して示談金名目で計6億ウォンを受け取り、彼は弁護士ではないにもかかわらず法律事件に関して和解行為を斡旋したとし、12月初めに宣教会の多くの信徒がA氏を弁護士法違反の疑いで告発した。

この過程で被害女性が2人だというが、合意書は1枚であることが明らかになり、巨額の金がどこに消えたのか疑惑が増幅していると報道した。

A氏を告発した信徒たちは「外国人女性2人と推定されるだけで、それが誰なのかさえ確認されなかった」として「A氏は6億ウォン(3億ウォン+3億ウォン)に対する海外送金内訳を全く出しておらず、B法務法人を通じて海外にいる彼らに送金した」と主張した。

記事で関係者たちは「チョン·ミョンソク牧師は1審裁判の審理過程の間、悔しさを訴え一貫して無罪を主張した。 しかし、裁判所は公訴事実に関して有罪を認める直接的な証拠がないにもかかわらず、「証拠裁判主義の原則」と「疑わしい時は被告人の利益で(indubio preo)」原則を無視し、マスコミと放送によってチョン·ミョンソク牧師に対して悪意的に形成された世論に便乗して23年の懲役刑という重刑を宣告した」と主張した。

メディア報道はネットフリックスドキュメンタリー「私は神だ」放映以後、社会的に波紋が広がり、マスコミと放送に随時登場し、事実確認ができない発言を吐き出したA氏の素顔が盛り込まれた。

メディアは記事で、今回のチョン·ミョンソク牧師事件の告訴人の背後にA氏という特定人物がいたという事実が明らかになったと報道した。 また、A氏は常習的な恐喝と脅迫、他人の名誉を毀損して数回起訴された前歴があり、キリスト教福音宣教会とチョン·ミョンソク牧師を陰湿に害する一部内部助力者と結託して告訴人を扇動した事実を確認したと報道した。

そして「被害者のCさんが『時を待った』という発言をした事実を明らかにした。 これは多分に企画告訴の意図が濃厚だ」とし「A氏がキリスト教福音宣教会脱退者コミュニティでも被害者を募集すると公示し、絶えず事前謀議して金銭的な訴訟まで煽った事実も明らかにした」と報道した。

社会正義活動家として包装されたA氏は、30年近くJMS被害者を助けると言いながら、実状は彼らを前面に出して、偽りで性関連事件を絶えず起こし、裏では巨額の合意金を要求してきたということだ。 このような事実は公証をした反省文と自筆の手紙、20億ウォンを要求する録音記録などが公開されて明らかになったと報道した。

さらに衝撃的な事実は、過去の2006年の中国事件の背後にもA氏がいたということだ。 チョン·ミョンソク牧師は中国で10ヶ月間、苛酷な調査を受け、捜査の結果「嫌疑なし」と判明されたが、韓国では10年刑の有罪判決を受けたと報道した。

この事件と関連して「法廷で被害を受けたとして告訴を進めてきた女性D氏が良心宣言と共に告訴を取り下げ、このすべての事件がA氏の主導の下に合宿訓練までして計画された事実が明らかになった」とし「それでもこのような証言は裁判結果に全く反映されなかった」とメディアは報道した。 そして、明白かつ公正な捜査を求めた。



記事原文: [ウィキツリー] https://www.wikitree.co.kr/articles/942743

조회수
2,701
좋아요
2
댓글
0
날짜
2024/04/13