뉴스_보도자료

言論仲裁委員会、JTBCに「JMSキリスト教福音宣教会側反論報道 掲載決定」を明らかに

2.jpg


言論仲裁委員会は最近JTBCニュースルームが先月11~22日「キリスト教福音宣教会(CGM:仮称JMS)鄭明析(チョン・ミョンソク)総裁 女性信徒 性暴行疑惑」に関する8件の報道に対して、宣教会の立場の反論報道を掲載しなければならないと決定したと明らかにした。

言論仲裁委員会の調整対象報道は「[単独]鄭明析(チョン・ミョンソク)肉声ファイル、13年前の性暴行判決文と『そっくり』、「警察、鄭明析(チョン・ミョンソク)『性暴行情況』肉声を確保しても遅い召喚」などだ。

今回の決定でJTBCは2日から調停対象報道8件の下段にキリスト教福音宣教会の反論報道文を掲載し、主要ポータルに転送しているとされる。

先立ってJTBCは7月11日、ニュースルーム探査報道で「JMS鄭明析(チョン・ミョンソク)総裁が女性信徒 性暴行事件のため、監獄で10年を過ごし満期出所した後、再び性暴行疑惑で警察捜査線上に上がった。被害者は自身を宗教的に洗脳して性暴行を正当化したと主張している」としてチョン総裁の肉声が含まれた録音ファイルの一部だけを抜粋し性暴行情況の証拠だとして連続報道した。

これに対し宣教会側は「JTBCは宣教会アンチ勢力の主導者であるKが法的手続きで有利な世論集めのために悪意的な情報提供をし、JTBCはKの論理と主張を偏向的に報道した」とし、「ファクトに基づいた客観的資料を提供して公正に報道してほしいと要請したにもかかわらず、むしろこれを一方的主張の根拠にした」と反発した。

一方、宣教会は2日、JTBCを相手に訂正報道および反論報道を請求する調停申請書を言論仲裁委員会に提出し、チョン総裁は現在警察調査に誠実に応じており、録音記録の中の全体脈絡上、抜粋報道されたチョン総裁の発言部分は性暴行情況ではなく宣教会の教理を説明しようとする趣旨だと伝えた。



記事原文 : [パブリックニュース] https://www.psnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=2013779

조회수
162
좋아요
1
댓글
1
날짜
2022/09/06