영상_말씀

5つのマイク




私が1983年だったか、スキー場に行った時、

約3万ウォン余って、食べ物も買ってあげ、

他にも何か買ってあげようと歩き回っていたら、

いくつも買えなそうでした。

みんなたくさんいるのに... 


お金がないから、心もイマイチで、

お金があってこそ、みんなに良くしてあげられるんだなぁ。


お金というものが何なのか…


その時、神様が

「あなた、私とちょっと話そう」とおっしゃるのです。


大概、話そうと言う時、トイレで会うじゃないですか。

神様は人格的なんですね。


屋上で、扉が開いていました。

静かで、誰もいませんでした。

じっとしていました。


「あなたは今何を見ているのか?」

「はぃ、スキー場の青い芝生の草原で

絵のような家を建てて暮らせる場所を見ています。」


あぁ~

くまなく見てみると

一瞬にして神様が目を開いて見せて下さる時、

パーッと美しく見えるのです。

スキー場が物凄く格好良かったです。


この格好良い谷が、この美しいものが、

昔は本当にイマイチで、フクロウが泣いて、

コノハズクが寂しく泣いて、

ホトトギスがなくそんな谷だったと言うのです。

寂しく悲しい谷。

開発してあのように美しくなったのだと。


あの若者たちがあんな風に訪れて来るのを見てみなさい。

誰かが来いと言って来るのではない。

世界の若者が集まる谷になった。


“開発しなさい” 

“開発してこのようになったのだ”


“あなたは下りていって、人間を開発しなさい”


“芸術で開発して

信仰で開発させて

御言葉で開発させて

すべての美で開発させて

ファッションでみんな開発させなさい。


“永遠に錆びない人間を開発しなさいというプレゼントを持って

満遍なく万人にプレゼントしなさい。

御言葉を持って来ました。


その日行って3万ウォンでマイク4-5個を買って来ました。

その日の夜から土曜公開放送が始まったのです。


みなさんも続けて開発して下さい!

目を開いて続けて。

様々な面で目を開けて下さい。


これから続けて更に開発しなければなりません。


   1993年 9月 5日 鄭明析牧師の‘神霊な目を開けなさい’ 御言葉より

조회수
25,121
좋아요
4
댓글
109
날짜
2016/11/14