정명석 목사_영감의 시

私だけが行く道

 

 


 一日中 
 走って来て 
 止まるから全身が痛い。 
  
 
 座る間もなく次のコースが 
 足もとにあって触れる。 
 ため息 
 自然と出る。 
  
 
 いずれ行くべき道 
 行かなければならないが 
 命の道を行くとしても 
 うめき声 
 自然と出る。 
  
 
 幸いだ。 
 生きて 
 走り生きているから 
 死んだよりはましだ。 
  
 
 このコース終われば 
 次のコース 
 また待っているが 
 断らずに行く。 
  
 
 御子主 
 私を待っていて 
 私が来るのが遅いと言って 
 一人で出発するのか気をもむ。 
 


  <2012年7月 チョウンソリより>

조회수
12,450
좋아요
1
댓글
21
날짜
2016/04/09

영감의 시 더보기