말씀_설교말씀

縛ってつないでおくことをしないから、戦って勝ちなさい

본문 .


[御言葉] 鄭明析牧師




[本 文] ヨハネの黙示録17章14節

14)彼らは小羊に戦いをいどんでくるが、小羊は、主の主、王の王であるから、彼らにうち勝つ。また、小羊と共にいる召された、選ばれた、忠実な者たちも、勝利を得る」。



ヨハネの黙示録19章11~16節

11)またわたしが見ていると、天が開かれ、見よ、そこに白い馬がいた。それに乗っているかたは、「忠実で真実な者」と呼ばれ、義によってさばき、また、戦うかたである。
12)その目は燃える炎であり、その頭には多くの冠があった。また、彼以外にはだれも知らない名がその身にしるされていた。
13)彼は血染めの衣をまとい、その名は「神の言」と呼ばれた。
14)そして、天の軍勢が、純白で、汚れのない麻布の衣を着て、白い馬に乗り、彼に従った。
15)その口からは、諸国民を打つために、鋭いつるぎが出ていた。彼は、鉄のつえをもって諸国民を治め、また、全能者なる神の激しい怒りの酒ぶねを踏む。
16)その着物にも、そのももにも、「王の王、主の主」という名がしるされていた。



사람이 <운전>을 배워서, 차를 타고 쉽게 가듯

<인생>도 배우고, 자기를 유능하게 만들면 살기 좋고 더 쉽습니다.

 

하나님은 ‘인생을 어떻게 살아야 하는지’ 가르쳐 주셨습니다.

<말씀>이 모두에게 ‘인생사는 법’이고, ‘잘되는 법’이며

‘생명으로 가는 길’입니다.

 

걱정하고 근심만 하면,

자신이 없어져 ‘인생 운전’을 못 하게 됩니다.

그러나 하나님과 성령님과 성자가 있으니, 어떤 문제가 있어도 본인만 삼위께 딱 붙어서 행하면, 마치 겨울이 가고 봄이 오면 눈 녹듯이 해결됩니다.  


그러니 자기를 ‘낙심과 자포자기와 게으름’으로 묶어 놓지 말고,

기분 좋~게 삼위일체를 사랑하고, 자기 마음을 딱 잡고 해야 합니다.

 


이제 자기를 묶어 매어 놓지 말고 불의와 생활, 자신과의 싸움에서 승리하기 바랍니다.



조회수
386
좋아요
0
댓글
0
날짜
2018/02/07 23:09:49