말씀_설교말씀

絶対信仰はしるしの歴史だ

본문 マタイによる福音書17章14-20節、ヘブル人への手紙11章1-6節

マタイによる福音書17章14-20節
14)さて彼らが群衆のところに帰ると、ひとりの人がイエスに近寄ってきて、ひざまずいて、言った、
15)「主よ、わたしの子をあわれんでください。てんかんで苦しんでおります。何度も何度も火の中や水の中に倒れるのです。
16)それで、その子をお弟子たちのところに連れてきましたが、なおしていただけませんでした」。
17)イエスは答えて言われた、「ああ、なんという不信仰な、曲った時代であろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒におられようか。いつまであなたがたに我慢ができようか。その子をここに、わたしのところに連れてきなさい」。
18)イエスがおしかりになると、悪霊はその子から出て行った。そして子はその時いやされた。
19)それから、弟子たちがひそかにイエスのもとにきて言った、「わたしたちは、どうして霊を追い出せなかったのですか」。


ヘブル人への手紙11章1-6節
01)さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。
02)昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された。
03)信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉で造られたのであり、したがって、見えるものは現れているものから出てきたのでないことを、悟るのである。
04)信仰によって、アベルはカインよりもまさったいけにえを神にささげ、信仰によって義なる者と認められた。神が、彼の供え物をよしとされたからである。彼は死んだが、信仰によって今もなお語っている。
05)信仰によって、エノクは死を見ないように天に移された。神がお移しになったので、彼は見えなくなった。彼が移される前に、神に喜ばれた者と、あかしされていたからである。
06)信仰がなくては、神に喜ばれることはできない。なぜなら、神に来る者は、神のいますことと、ご自分を求める者に報いて下さることとを、必ず信じるはずだからである。


마태복음 17장 14-20절을 보면
제자들이 귀신 들린 자에게서 귀신을 쫓아내지 못하니, 예수님은 민망히 여기시고“너희가 믿음이 없어서 귀신을 못 쫓아냈다 그를 내게 데려오라.” 하셨습니다.
예수님은 귀신을 쫓아내고 말씀하기를 “너희의 믿음이 작은 까닭이다. 너희에게 믿음이 겨자씨 한 알만큼만 있어도 산을 옮기는 표적이 일어나리라.” 하셨습니다.
이는 전능자 하나님과 일체 되어 행하는 예수님을 메시아로 믿는 믿음이 겨자씨 한 알만큼만 있어도 귀신을 쫓아낼 수 있다는 말이었습니다.


예수님은 겨자씨 한 알만큼의 믿음으로 귀신을 쫓아내는 것뿐만 아니라 산을 옮기는 큰 표적의 역사를 이루게 된다고 말씀했습니다.
<산을 옮긴다>는 말은 실제 산을 옮긴다는 말이 아니라 ‘불가능한 일, 하나님의 뜻이 있는 일, 표적의 일을 행한다는 말’입니다.
예수님은 제자들이 예수님과 함께하면 불가능한 일도 할 수 있다는 것을, 산을 옮긴다는 단어를 써서 비유로 말씀하셨습니다.


하나님은 지금도 산을 옮기는 표적의 역사가 계속 일어나도록 행하고 계십니다.
때마다 성삼위와 일체 되어 살면, 어느 때가 되었을 때 하나님은 여건과 환경을 틀어 자기가 생각하고 소원했던 일들이 이루어지게 하십니다.


하나님은 성경 시작에서부터 끝까지 믿음을 가지고 표적을 이루는 역사를 해오셨습니다.
이와 같이 우리도 절대 믿음을 가지고 절대 실천하면 기적이 계속 일어나는 것입니다.
먼저 믿음으로 표적을 보여야 믿음으로 표적이 일어납니다.
찬 공기와 더운 공기가 맞부딪치면서 태풍이 일어나듯 믿음과 실체가 일어나야 합니다.


믿음은 바라는 것들의 소망, 실상이라고 하였습니다.
하나님은 우리의 믿음대로 역사해 주시니 이제 절대 믿음을 가지고 열심히 실천하는 여러분 되길 축복합니다.


조회수
6,031
좋아요
2
댓글
0
날짜
2020/10/21 18:39:55