3文(もん)コラム by BON局長

BON局長がお届けする3文(もん)コラム!3文くらいの安っぽい文章の実力ですが・・・世の中の言葉で解いた主日の御言葉をアップします。

칼럼_연재칼럼_3文(もん)コラム

新しくするための三つの考慮要素

私たちが良い製品、良い企業と呼ぶには、いわゆる「革新性」というものが存在します。既存の商品、サービスとはっきり差別化された新しく作られたその何かを提供することで、消費者たちの不便さを解消したり、期待以上の満足をもたらすことで歓迎されます。


皆が良く知っている関節炎に使われる湿布は、その革新性で、従来とは違う新しい市場を切り開いた製品です。関節炎自体は長い歳月苦しむ持病と認識されており、専門薬の長期投与、骨注射や手術など重い治療を要する病気の一つです。


このような慢性病に簡単に購入して貼る湿布という製品を作っても、果たして誰が買うのかと発売時点まで悩んだと言います。しかし大ヒットを記録し、本来なかった関節炎の湿布市場を開いたのです。


「革新」(新しくすること)の過程は、典型的な問題解決のプロセスと重なる概念です。


ある学者(Kaufman)は「問題」という「現実」と「希望」の間の間隔を埋めるものを「資源」(Resource)と定義しました。


私たちが新しくするという前提は「現実」「希望」「資源の活用」この三つの領域で発見することができます。


-現実を見る新しい観点

しゃもじを作る会社が、自分たちが作ったしゃもじがとても良くて消費者がこれ以上しゃもじを購買しないのではないかと考えました。しかし「現実」は異なりました。大部分の消費者たちは飯粒がくっつくという不便さを認識したのです。そしてこの会社は新たに飯粒がくっつかないエンボッシング(embossing)処理されたしゃもじを世界で初めて作り出しました。


-希望の再設計

上記で言及した湿布と関係した事例です。関節炎を患っている多くの人々の「希望」は、「完治」ではなく「苦痛を減らした日常」だったのです。このように新しく認識したから、立ち上がったり座ったり、階段を上り下りする時、現場で直ちに助けになる湿布という製品を作ることができたのです。


-「資源の活用」を創意的に…

本泥棒が多いある書店オーナーが悩んだ末に本泥棒を申告すれば報奨を与えるという一文を貼り紙してから、本泥棒が著しく減少しました。ただ一文書いて貼っておいただけなのに、本を買いに来た人たちが自ら本屋の主人の代わりに監視人(資源)になったのです。


この三つの考慮要素はすべての事案に適用が可能です。


自身がより新しくなろうとするならば、自分の「現在」に対する見方、自分の「希望」がどのようなものなのか…そしてその間隔を埋めるために、どの資源をどのように活用しているかを見てみると、新しくすることに対する構想と方向性が見出されるでしょう。

조회수
226
좋아요
7
댓글
6
날짜
2021/01/05